古代いぶし瓦

淡路土を限界まで焼き締めて、表層から芯まで同じ色相・組成となる
堅牢な銀古美瓦は、耐久性はもちろん摩耗にも強い男肌
将来的な色飛びもなく、土を焼いただけの瓦が魅せる自然なエイジングを期待できる
目指したのは、千年生きる国宝建築を守る上品な古代いぶし色
土と炎の魔法が生み出す肌色の個体差は、文化財や古民家の再生において
その趣きとステイタスを見事に未来へと継承します

 古代いぶし瓦

2018年07月25日